istyle

これからは国内だけでなく、グローバルな市場で生活者とメーカー・流通のミスコミュニケーションの解消を図り、私たちのビジョン「生活者中心の市場創造」を実現していきます。
そのために、現在私たちが力を入れているのが、世界中のコスメや美容に関する情報が集約された「Global Master Database」を核とした「@cosmeのグローバルプラットフォーム化」です。
将来的には、世界中の生活者が1つのUser IDで、いつでもどこでも好きな言語で@cosmeを使うことができ、国ごとにローカライズされた店舗やECなどのビューティサービスを利用できる世界を実現したいと考えています。

イメージ図:「Global Master Database」→「生活者中心の市場創造」

日本の生活者がタイの生活者のクチコミをみて、日本の@cosme storeで商品を購入する。香港の生活者が韓国の生活者の投稿した動画をみて、香港の@cosme shoppingで商品を購入する・・・そんな未来はもうすぐそこです。

Global One Databaseから@cosme Global App(世界中の化粧品や美容情報を自分の国の言語で見ることが可能なアプリを世界各国で提供していく。)へ

戦略

1コンテンツのグローバル化

世界中のユーザーが1つのUser IDで、いつでもどこでも好きな言語で@cosmeのコンテンツ(世界中の化粧品のクチコミ、美容情報など)を利用できるグローバルアプリを開発予定。

2ローカライズされたデリバリー

国ごとにローカライズされた店舗やECなどの小売りサービスを展開。

3グローバルで商品IDを統一

上記①②を実現するため、根幹となる「Global Master Database」の商品IDを世界で統一。

イメージ図:コンテンツのグローバル化、ローカライズされたデリバリー、グローバルで商品IDを統一

2012年に中国で本格的に海外展開を開始したのを皮切りに、アジアを中心に、現在、7つの国と地域で事業を行なっています。