1. IRポリシー

IRポリシーIR POLICY

印刷

基本方針

 株式会社アイスタイル(以下「当社」といいます)は、当社の事業活動をより理解していただくため、株主、投資家の皆様に対し透明性、公平性、継続性を基本に迅速な情報開示を行うとともに、公正かつ良好な関係の構築を目指します。

開示物

 情報の開示にあたっては以下の法令および規則等に準拠し、適時かつ速やかな開示に努めます。

 1.法定開示
  (1)金融商品取引法に基づく開示
   ・有価証券報告書
   ・四半期報告書
   ・内部統制報告書
   ・臨時報告書 等
  (2)会社法に基づく開示
   ・事業報告
   ・計算書類、連結計算書類および付属明細書
   ・株主総会招集通知 等

 2.適時開示
  (1)決算に関する情報
   ・決算短信 等
  (2)東京証券取引所から適時開示を求められている決定事実および発生事実

 3.その他任意開示
   ・決算説明資料
   ・決算説明会の動画および質疑応答
   ・中期経営計画
   ・PR情報 等

重要情報の範囲

 以下の未公表である情報を重要性のあるものと定めております。

 1.インサイダー取引規制の対象となる情報

 2.有価証券の価額に重要な影響を与える情報
   ・年度又は四半期の決算に係る確定的な財務情報
   ・業績予想およびその予想が容易にできる定量的な情報
   ・中期経営計画 等

開示方法

 法令および規則等に基づく開示や任意による開示等については、以下の媒体を通じて行います。

   ・金融庁の提供する電子開示システム(EDINET)
   ・東京証券取引所の運営する適時開示情報伝達システム(TDnet)
   ・当社IRサイト

社内体制

 情報の取り扱いについては、以下の体制を整備し、管理しております。

 1.開示体制
   CFOを情報管理取扱責任者とし、重要情報を社内各組織より当該責任者へ集約しております。当該情報の開示に
  ついては、必要に応じて取締役会や経営会議での開示可否の審議検討を経て、開示担当より行われます。

 2.重要情報の判定
   関連部署と連携しCFOおよびIR担当部署にて重要性の判定を行います。
   ただし、判定に高度な経営判断を要する場合には、経営会議において審議を行います。

 3.情報の機密性
   未公表の重要情報については第三者への漏洩や、選択的開示がないよう管理しております。また、当社の役員や
  IR担当部署より意図せず一部の金融商品取引業者等へ当該情報が漏洩した場合には、速やかに開示を行います。
   ただし、以下の場合にはこの限りではありません。

   (1)当該情報の開示により、法令または規則等で定める行為の遂行に重大な支障が生ずるおそれがある場合
   (2)情報受領者が法令または契約により、守秘義務および当社株式の売買等を行わない義務を負う場合

 4.社内教育
   役員や社員に対してインサイダー取引規制に関する研修等を実施し、情報管理に対する意識を向上させ、
  管理の徹底に努めます。

株主および投資家との対話

 代表取締役をはじめとして、各部署と連携しIRの担当役員および担当部署が中心となってIR活動を行い、株主および投資家との充実した対話を図ります。

  主たるIR活動
  ・定時株主総会
  ・決算説明会
  ・取材対応
  ・機関投資家向けカンファレンスへの参加
  ・IRサイトを通じた情報の提供
  ・事業説明会 等

その他

 1.沈黙期間
   決算情報の漏洩を防ぎ公平性を確保するため、原則として決算期日の翌日から決算発表までを沈黙期間とします。
  この期間は、未公表の決算や業績の見通しに関する質問への回答を控えることとします。

 2.事実と異なる風説への対応
   当社に関して流布されている噂や報道については、原則として対応することはありません。
   ただし、市場に大きな影響を及ぼすと認められ、真偽を明らかにする必要があるときには適宜対応します。